永久メモリアル名誉会長 協会創設者 大沢一仁
2014年3月永眠 享年88歳

当協会は、1973年(昭和48年)日本とスペイン両国間の、ギター音楽の交流を促進する為に発足した、スペイン大使館公認の全国組織による任意団体です。 主として、スペインに渡った経験のあるギタリスト及び愛好家によって創設されましたが、スペイン音楽に興味を持つ方であれば、誰でも気軽に入会することが出来ます。 主な行事は毎年のスペインギター音楽コンクール(10月)、ニューイヤ-コンサート(1月)のほか、親睦会等を随時行い会員相互の交流にも力を入れております。

日本・スペインギター協会の沿革と実績

1972年 名誉会長 大沢一仁[ギタリスト・1962年マドリード王立音楽院ギター科卒]の引率により『ギターふるさとを訪ねて26 日間』と題して、マドリードの大学都市内に有る『CoIegio Mayor “MARA”』にて日本人ギタリストの為の特別ギター講習会を開き、スペインの新聞、テレビで大きな話題となった。翌1973年には、サンチャゴ・デ.コンポステーラに於ける国際音楽講習会に、日本人の為の、特別ギタークラス設置を依頼、実現し、以後1975年まで毎年参加、延べ100名以上の日本人ギタリストがスペインでギターの講習を受けることが出来た。セゴビア助教ホセ・トーマス担当。

1973年 3月これらに参加した全国のギタリストにより『スペインギター友の会』が日本とスペインのギター音楽の交流発展のために創立、発足した。

1975年 その後、毎年1月に会員によるニューイヤー・コンサート開催を決定。

1978年 創立5周年の際『日本・スペインギター協会』と改称、スペイン大使館の公認も得て、研究会・親睦会・コンサート等、本格的に活動開始。
アルコイ市(アリカンテ県)のギタリスト、ホセ・ルイス・ゴンザレス氏に名誉会長を依頼、承認を得る。

1980年 スペインより『フアン・カルロス国王・ソフィア王妃両殿下』日本訪問の際にスペイン大使館より大沢一仁会長が歓迎レセプションに招かれ、両殿下と謁見の光栄を得る。

1983年 創立10周年を機に『スペインギター音楽コンクール』を創設し、第1回を開催。有能な新人ギタリストを見い出し、栄誉を与える。以後、毎年10月開催。

1986年 スペインより来日の『クリスティーナ王女殿下』歓迎レセプション(東宮御所)に、当協会会長大沢一仁夫妻が宮内庁より正式招待を受け参列した。

1987年 日本公演の為、来日中のギタリストJ.Lゴンザレス歓迎会を主催。

1988年 創立15周年、ニューイヤー・記念コンサート開催。

1989年 第8回スペインギター音楽コンクールにスペイン大使A・オヤルサバル閣下ご夫妻のご臨席をいただく。

1992年 当協会主催により『ホセ・ルイス・コンザレスのマスター・クラス』開催。

1993年 日本スペイン・ギター協会創立20周年記念祝賀会開催。
駐日スペイン大使閣下ご夫妻及び文化担当官初め、日本ギター界の代表者多数御臨席を得る。

1995年 長年大変御後援頂いた、オヤルサバル・スペイン大使閣下は任期を終え交代。
新大使サンチャゴ・サラス閣下が着任、大択一仁会長3月大使館表敬訪問。

1998年 その後前大使同様、4年間、数多くの御後援を頂く。
スペインのギタリストで、特に日本人の弟子も多く、当協会の名誉会長であるホセ・ルイス・ゴンザレス氏が3月急逝、大沢一仁会長が代表としてアルコイ市(バレンシア)での告別式に赴き、生前受けた恩恵に感謝しご冥福を祈る。

1999年 約4年間、大変お世話になったサンチャゴ・サラス大使任期交代で帰国。
新任大使ホアン・レーニャ閣下は、以前文化担当官として赴任されていた頃より大沢会長の旧知の外交官で、特に親しく在任中は特別に御後援頂く。この年(第17回)よりコンクールの会場は、安田生命の協賛の上、新宿西口の交通至便な「安田生命ホール」に移る。

2000年 スペインで隔年毎に開催されている第5回アルハンブラ国際ギターコンクール(アルコイ市)の審査員に大沢一仁当協会会長が招聘された。

2001年 第19回スペインギター音楽コンクールは、ホアキン・ロドリーゴ生誕100周年記念イベントとし、ホアン・レーニャ・スペイン大使閣下より特製カップとディプロマが授与された。

2002年 第20回スペインギター音楽コンクールも、フランシスコ・タレガ生誕150周年記念イベントとして、同じく第1位には、前年同様に、駐日スペイン大使閣下より特別賞が授与された。
10月、4年近く在任され、日本・スペインギター協会にも、多くのご支援を頂いた、ホアン・レーニャ大使閣下の任期も終わり、スペイン大使館での送別レセプションに協会を代表して大沢一仁会長が出席、深く感謝の意を述べる。
11月新駐日スペイン大使スヴイエル・コンデ閣下が着任された。協会としては、大使のスケジュールに合わせて、大沢一仁会長が表敬訪問。

2003年 1月、当協会恒例の第29回ニューイヤー・コンサートは台東区立『ミレニアムホール』で開催した。評判通り音響効果はギター音楽に極めて良く、楽屋も余裕が有り、聴衆と演奏者にも好評。第21回スペインギター音楽コンクール10月12日(日)に開催決定。
3月30日日本スペイギター協会創立30周年記念を青山ダイヤモンドホテルに於いて開催された。
6月29日、30日塩原温泉へ、会員有志による親睦旅行が行われた。

2004年 第18回スペインギター音楽コンクール第1位受賞者伊東修子さんは大沢会長の推薦状を添えて申請しスペイン政府留学生2004年度スペイン政府試験に合格し留学決定。
日本スペインギター協会による沖縄・交流演奏会を実施。

2005年 大沢一仁会長が「ギター人生」の講演行う。講演では戦後のギター界の話、スペイン留学時代の事など、素晴らしい講演であった。

2006年 スペイン政府の奨学金を受けて、アンドレス・セゴビアの生誕地、リナーレス市に留学していた伊東修子さん7月に帰国。

2007年 第25回記念スペインギター音楽コンクールではセルバンテス文化センター東京館長ヴィクトール・ウガルテ氏ご臨席。

2008年 3月30日、日本スペインギター協会創立35周記念年に当たり第35回総会、及び大沢会長の「ギター人生60有余年を讃える」の記念祝賀会開催。
4月17日、大沢一仁会長が名誉会長に本木盛夫氏が会長に就任。

2009年 本木盛夫新会長のもと新理事により詳細な年間予定表等討議された。

2010年 4月から事務局が上尾市小泉379-21三井41-1 金子方移転。
6月29日、30日塩原温泉へ、会員有志による親睦旅行が行われた。
第28回スペインギター音楽コンクールに於いてスペイン大使館文化部ボルファ・サラサール氏臨席。

2011年 日本スペインギター協会より10万円、朝日新聞厚生文化事業団「東日本大震災救援募金」の窓口を通して送金。

2012年 第30回記念スペインギター音楽コンクール開催記念として仏サバレス社/クレハ合繊株式会社からアリアンス・カンティーガ3種類の弦、会員一同にご提供される。

2013年 1月27日当協会恒例の第39回ニューイヤーコンサートが開催された。
この年は日本とスペインが交流して400周年記念を迎える。日本・スペインギター協会創立40周年記念祝賀会を3月24日ホテルフロラシオン青山に於いて開催。

2014年 第3代会長に村治昇氏が就任。新設の会長代理に中島晴美氏、名誉会長に本木盛夫氏が就任。
スペインギター音楽名曲コレクションの企画を立ち上げる。

2015年 10月10日スペインギター音楽名曲コレクション第1集が現代ギター社より発売。
翌年1月に出版記念をニューイヤー・コンサートで行う。

2016年 第4代会長に中島晴美氏、会長代理に河野智美氏、顧問に村治昇氏が就任。
新体制の発足に伴い、賛助会員制度を発足。インフォメーション・ディベロプメント社ほか新規協賛企業が加わる。
外務省の後援が正式認可。駐日スペイン大使館との関係強化が進む。

2017年 1月29日にスペインギター音楽名曲コレクション第2集が発売。
中島会長がスペイン国王来日に際し、謁見の儀にお招きいただき、国王陛下に拝謁の栄を賜る。